こんにちは、プロフェッショナルプリセールスラボの黒澤です。

ここ最近、認定プロコーチを目指してコーチングを学んでいます。

昨晩、同じ受講生の方とセッション練習を行いました。

相互にセッション練習を行ったわけですが、まだまだ修行中の私は、セッションがなかなか進行せずに時間経過。。。

消化不良でしたがこれもまた勉強。コツコツ頑張っていきます。

・・・・・

て、今日から営業パフォーマンス向上、提案力強化に役立つネタを書いていこうと思います。

私は、社会人になってからというもの、企画や提案に携わることが多くありました。

最初は企画・提案資料の作り方がよく分からないので、見よう見まねでやっていました。

昔を振り返ると、先輩が作った資料をベースに作るわけですが、思うように作れず時間がかかっていましたね。

今でこそ、自分なりの「型」ができたので、作成にかかる時間もだいぶ短縮できていると思います。

のビジネスにおいては資料を作ってプレゼンテーションを行うケースが多いですよね。

皆さんがどのような立場の方か分かりませんが、上司・同僚、お客様向けに、様々な資料を作っていると思います。

ここで注意したいのは、プレゼンテーション資料を作ること自体が目的になってはいけないということ。

その資料を通してどういう結果を導きたいのか、最初に考えたいところです。

以下、私が普段から気を付けている点についてまとめてみます。

資料を作るうえで最初に明確にすること

  • 誰に対する資料なのか
  • 資料全体を通してのテーマ、言いたいことは何か
  • プレゼンテーションを終えたときに、相手にどういう気持ちの変化を与えたいのか

資料の作成プロセス

  • 目次の作成(マインドマップなどで全体を俯瞰する)
  • 基本的には「結論先行」→「理由(根拠)」→「具体例」と言った構成
     ※PREP法を活用
     1)POINT
     2)REASON
     3)EXAMPLE
     4)POINT・・・これは念押し
  • 目次ができたら、各ページの「メッセージ」を決める。(1ページ1メッセージ)

資料作成時に押さえておきたいこと

  • 相手の立場で、相手の言葉で表現する。
  • 横文字を並べすぎたり、業界内でしか分からないような用語は使わない。
  • 相手の心に刺さるキーワードを散りばめる。
  • 文字と図表・イメージをバランスよく使う。
  • 全体を通して冗長にならないようにする。
  • 場合によっては、メインの資料と、補足資料を明確に分けておく。
    →補足資料は簡単に説明するか、時間のある時にでも見てもらうように案内
  • 見積りにおいては、価格表だけでなく、見積例を載せる
    →(例)100ユーザーで50GBなら XXXX円 とか

あなたはどれくらいできていますか?
また別の記事で書こうと思いますが、決して「説明書」に陥らないように、訴えたい「メッセージ」に注意するだけでも大分違うと思いますよ。