こんにちは、プロフェッショナルプリセールスラボの黒澤慎です。

今日は午前中からいろいろありまして、若干お疲れ気味です・・・

でも、こういうときでも、今、出来ることを淡々とやる、それしかないんですよね。

なので、今日も記事を投稿しますね。

・・・・・

て、今日は提案書関連の話です。

突然ですが、「提案書」とは、誰のため・何のためのものでしょうか?

・・・・・

そもそも提案書とは、

  • 「お客様のために」
  • 「お客様の困りごとを解決するため」

のものです。

いざ提案書を作ると「自分の言いたいこと」に集中してしまい、本質を見失ってしまうことがありませんか? お恥ずかしながら、私はよくあります。

なので、提案書を作るときに考慮したい一つのポイントをお伝えします。

提案書を作る特に考慮したいこと

それは、「お客様と一緒に作ってしまおう」ということです。

どういうことか。

先に述べたように、提案書は「お客様のためのもの」です。

その提案書に、「お客様の意向」を踏まえた内容が入っていれば、当然、お客様の満足度が高まるわけですよね?

そのため、お客様の意向を取り入れるためには、提案書作成の早い段階で、こちらの提案の意図や方向性を大雑把にまとめたものを、一度見てもらうのがベストです。

そして、お客様からの生の意見をフィードバックいただき、それを再度提案書に盛り込む。

そうすることで、お客様の意向に沿った提案書を作ることができます。

だ注意点として、上記のように進めるためには、予めお客様とある程度の関係性を構築しておく必要があります。

関係性ができていない状態では、なかなか、本音でフィードバックをいただくことができません。

お客様と会う頻度を多くして、本音で話し合える関係性を築きたいものです。

・・・・・

いかがでしょう。

提案書を作っていると、悶々としてくることもあると思います。

そんな時こそ、ざっくり作ったものをまずはお客様に見ていただき、意見をもらってみる。

ぜひ、試してみてください。