こんにちは、プロフェッショナルプリセールスラボの黒澤です。

聞いてください。

今日は、とある委託案件に対応するため、片道1.5時間をかけてお客様先に訪問しました。

しかし、諸事情でアポイントがキャンセルとなってしまったのです。

委託元に電話をして状況およびキャンセルとなった理由を確認したところ、委託元にも責任は無いようで・・・(詳しくは書けないのでこの辺で・・・)。

内心、「片道1.5時間もかけてきたのに、勘弁してくださいよー!」と言いかけましたが、考えを改めました。

・・・・・

事実として、「とにかく、アポイントはキャンセルとなった」のです。

これは私にはどうしようもできないことで、これ以上、キャンセルとなったことに焦点を当てても意味がありません

そこで私はこう考えました。

他のことをやる時間ができた。そうだ、別件のチラシ作成が中途半端だったから、仕上げてしまおう。

・・・・・

あなたにも、仕事・私生活で「ドタキャン」された経験があると思います。

そんな時は、ドタキャンされた理由はきちんと問うべきですが、理由が分かったら、さっさと頭を切り替えて、大切な時間に当ててみてください。

意外に、仕事がはかどりますよ(笑)